当院について

「地域医療を支える」という強い想い。

クリニックの沿革

1994年4月
先代院長が「いとう整形外科」を開業
2013年3月
新院長 尾崎智史就任
2015年7月
クリニック名を「おざき整形外科」に変更

院長メッセージ


尾崎智史
おざき整形外科理事長兼院長

当院は先代いとう整形の「地域を支える」という強い思いを引き継ぎ、平成27年7月1日から、名称も新たにおざき整形外科として再スタートしました。25年以上の長い間、東濃地域で運動器の専門医としてたくさんの臨床経験をさせて頂きました。今後もこの経験を生かして、患者さん一人一人の要望にできる限り応えられるように日々研鑽を積み重ねていく所存です。スタッフ一同、これからもより質の高い医療を提供できるように努力してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

プロフィール

1987年
大阪市立大学医学部 卒業
大阪厚生年金病院 麻酔科
1990年
名古屋大学医学部付属病院 整形外科
1991年
岐阜県立 多治見病院 整形外科
1998年
東濃厚生病院 整形外科
2006年
東濃厚生病院 整形外科部長
2012年
静岡済生会総合病院 リハビリテーション部長
2013年
医療法人いとう整形外科 理事長兼院長に就任
2015年
医療法人智有会 おざき整形外科 理事長兼院長

資格

  • 日本整形外科学会専門医・認定リウマチ医
  • 日本抗加齢学会専門医

当院で特に力を入れている専門領域  Particular field

  • 交通事故治療

    リハビリ診療から診断書作成まで

    交通事故によるむちうちなどのリハビリ診療に力を入れています。リハビリ中も定期的に丁寧な診察とその診療記録を行い、後遺症が残った場合には診断書作成のサポートを最後までしっかり行います。

  • 成長期のスポーツ障害

    大切なスポーツ活動をサポート

    小学生から高校生まで地域の子供達のスポーツ障害・スポーツ外傷の診断・治療に力を入れています。スポーツを休止するべきか、休止期間はどれくらいか。ご本人の要望を最優先に考慮して見極めます。一度しかない貴重な学生時代の大切なスポーツ活動を長く続けられるようサポートします。

  • 関節リウマチ

    組み合わせによる最善の治療を提供

    「整形外科系リウマチ医」の観点から、関節注射、サポーターなどの装具、リハビリ、小手術などを組み合わせて痛みを取り除いていきます。前院長が関節リウマチの専門だったこともあり、今も多くの患者さんが定期的なリウマチ治療を受けており、自宅での自己注射など最新の生物学的製剤による治療も行っています。

    ここがポイント!

    「整形外科系リウマチ医」が「内科系リウマチ医」と異なる点は関節の構造や機能を熟知していること。できる限り薬の増量に頼らない治療を行うことで、副作用のリスクを抑えます。

  • 骨粗鬆症

    骨の専門医である整形外科医が総合評価

    背骨や足の付け根を骨折された方、背中が曲がってきた方は骨粗鬆症の検査を受けることをお勧めします。骨粗鬆症は骨密度だけで判断するものではなく、レントゲン検査、血液検査による骨代謝測定も含め、骨の専門医である整形外科医による総合評価が必要です。病院で処方された薬の継続のために通院される方も多くいらっしゃいます。

    ここがポイント!

    薬の処方は、患者さんの要望に合わせて月1回や半年に1回の選択も可能です。自宅での自己注射など効果の強い注射薬の治療も行っています。

  • 足の痛みの専門外来

    多くの手術や研究に携わってきた分野

    整形外科医として、膝関節と足の疾患の手術や研究に数多く携わり、院長が最も力を注いできた専門分野です。特に足の痛みに関しては、県外で「足の外科専門外来」の開設を担当した経験を活かしながら、より正しい診断と適切な治療が行えるよう、現在も努力を続けています。

このページの先頭へ戻る